言語聴覚士の資格、仕事情報!

医療系資格取得の参考に

言語聴覚士  【国家資格】

 

言語聴覚士ってどんな仕事?

言語聴覚士の仕事内容は、

音声、言語、聴覚の機能に障害を持つ人に対し

検査、指導、リハビリを行い機能回復を促します。

以前は言語療法士、言語治療士と呼ばれていましたが、

1997年に国家資格となり、今の名称になった比較的新しい資格です。

 

言語聴覚士の資格取得には

言語聴覚士の資格は、指定の大学、養成学校を卒業し、

言語聴覚士国家試験に合格する事で取得できます。

言語聴覚士資格の取得難易度は、専門の学校でしっかり学びはしますが、

国家試験の合格率は約50%と、取得はなかなか難しいと言えます!

 

言語聴覚士国家試験概要

・言語聴覚士国家試験受験資格

1.大学入学資格を持ち、指定学校・視能訓練養成所で

 3年以上学び技能・知識を習得した者

2.大学、短大で2年(専門学校で5年)学び、

 指定施設等で1年以上の教科課程を修了した者

3.大学、短大で1年(専門学校で4年)学び、

 指定施設等で2年以上の教科課程を修了した者

4.大学卒業後、養成所で2年以上学び、指定科目を修了した者

5.大学で指定科目を修了し卒業した者

6.外国の養成所を卒業、又は外国で言語聴覚士にあたる免許を取得した者

 

・言語聴覚士国家試験内容

1、基礎医学 2、臨床医学 3、臨床歯科医学 4、音声・言語・聴覚医学

5、心理学 6、音声・言語学 7、社会福祉・教育 8、言語聴覚障害学総論

9、失語・高次脳機能障害学 10、言語発達障害学

11、発生・発語・嚥下障害学 12、聴覚障害学

 

・試験日程

例年2月下旬実施

 

・問合せ先

(財)医療研修推進財団

 

言語聴覚士の求人、給料、将来性など

言語聴覚士の資格取得後は、病院、福祉施設、リハビリセンターなどに活躍の場が。

言語聴覚障害は先天的なもの、病気などの後遺症によるものなど様々。

医学的知識以外にも心理学的知識、患者さんとのコミュニケーション能力など

幅広い知識が要求されます。

言語聴覚士の給料は、20万円前後〜と決して高いとは言えないかもしれません。

高齢化の背景などもあり、言語聴覚障害を持つ人が増える中、

言語聴覚士の需要も多く将来性もあります。

人間の根本を仲介する難しさはありますが、やりがいのある仕事と言えるでしょう。

医療系資格取得におすすめ

ニチイまなびネット

ニチイまなびネットは医療、介護の講座が充実

医療系人気通信講座!  ニチイまなびネット公式

 
Copyright © 医療系の資格・仕事@navi All rights reserved